防災管理点検なら東京・墨田区のフルメンテファシリティズにお任せください。

大規模な防火対象物の管理について権原を有する者は、防災管理点検資格者に建物の地震対策等の災害時に必要となる事項について1年に1回点検をさせ、その結果を消防署長に報告する制度です。

当社技術社員が実施いたします。

機器不良等がありましたら、お見積もりの提出、改修工事も安心な格安価格にて対応いたします。

 

受付・事務処理センター   

TEL:  0422-56-1721       FAX: 0422-57-6172

お問合わせ

http://www42.jimdo.com/app/s071406aea5485f7f/p6da7b9b90954dab4/


防災管理点検報告制度

防災管理点検報告制度(概要)  http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/office_adv/bousai_kanri/index.html

報告が必要な対象物とは

法令改正の対象となる防火対象物(政令第4条の2の4)http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/office_adv/hourei_kaisei/index.html#2-1

点検報告の義務のある人は

点検が必要な対象物の各管理権原者です。

点検内容

○防災管理者選任の届出及び防災管理に係る消防計画作成の届出が提出されていること。

○自衛消防組織設置の届出が提出されていること。

○防災管理に係る消防計画に基づき、防災管理業務・避難施設等の管理が適切にされていること等。

特例認定

特例認定制度は過去3年以内の点検結果が優良等の条件により、点検及び報告の義務を3年間免除することができるものです。